3
12月
20171101

Voice032

一つ一つ、かみしめながら、読んでいました。ページがめくられると、私の物語も開かれ、「あぁ、こんな時あったな」「これって、こういう時だったのかも。」と、思い起こしていきます。共感することもあるし、全く同じではなかったりする […]